太陽光発電システム

太陽光発電(ソーラー)は本当にシュミレーション通りになるのか?【一般家庭の発電データ・売電データを公開】 

太陽光発電に興味はあるけど本当のところどうなんだろう?

  • 家庭の屋根に、太陽光発電(ソーラーシステム)をつけて、本当に電気が売れるの?
  • 本当にシュミレーション通りの発電量になるの?
  • 実質0円で購入できるって本当なの?

こういった疑問を解決します。

実際の発電・売電データを写真を使い、分かりやすく、まとめました。

 

先に結論を言いますと、ほとんどの月がシュミレーション以上の発電量になっています。
発電した電気もしっかり売れています。

管理人まさ
管理人まさ

自宅の屋根に実際にソーラーシステムを設置し、
2018年8月より、太陽光発電・売電を本格的に開始しました。

その発電・売電データを
モニター写真とともに順次公開しています。

契約前・設置前のシュミレーション結果


上の写真は、契約する前に、販売業者にシュミレーションをしてもらった結果です。

これは、家の位置(緯度)、家の向き、屋根の勾配などを考慮して検出したデータで
過去29年間もの気象庁のデータを使って算出されていますので、かなり信頼性の高いデータです。

販売業者にシュミレーションをお願いすると、
自宅の屋根にソーラーパネルを設置した場合、年間どのくらい発電ができるのか?
といったデータが設置前にわかるのです。

 

これより下は、実際に屋根につけてからの発電データを公開します。

本当に上の写真の、シュミレーション通りに発電できているのか比較していきます。

👇設置したメーカーと設置容量

メーカー: 長州産業 プレミアムブルー CS-282G31
設置容量: 5KW

 8月の結果
発電量630kWh 売電額13,820円

f:id:bazzblue:20180903140616j:plain
  • シュミレーションの発電量 623kWh
  • 実際の発電量       630kWh

8月の売電は、4日の午後から売電を開始したため、
3日間の空白があります。

しかしながら、14,000円に近い売電ができました。
それに、エアコンを一日中フルで運転していてるにもかかわらず、

これだけの売電が出来るのは、ありがたいです。

損益を単純計算しますと、

  1. ー11,500円のローン支払い
  2. ー4,131円の電気料金(夜や、曇りの時は電気を買うため)
  3. +13,820円の売電

合計は-1,811円です(1,811円の支出)

11,500円のローンは、売電13,820円で相殺されています。

さらに、昼間は自家発電でまかなえるので電気代もかなり安くなりました。

昨年の8月は、約10,000円の電気料金を支払っていましたので、結果的に支出は1,811円となり
ソーラーシステム導入前より8000円以上も出費が減りました。

9月の結果
発電量455kWh 売電額10,743円

f:id:bazzblue:20181001151122j:plain
  • シュミレーションの発電量 481kWh
  • 実際の発電量       455kWh

発電量はシュミレーションには届かず。
9月は台風が多く、月の半分くらいが雨か曇りだったため、不調でした。

しかし、それでも、1万円は超えたので良しとすることにします。

損益を単純計算しますと、

  1. ー11500円のローン支払い
  2. ー5,025円の電気料金
  3. +10,743円の売電

合計は-5,782円です(5,782円の支出)

昨年の9月は10,000円の電気代だったので、

ソーラーシステム導入前よりも
約3,000円得しています。

10月の結果
発電量625kWh 売電額15,415円

f:id:bazzblue:20181101192150j:plain
  • シュミレーションの発電量 450kWh
  • 実際の発電量       625kWh

10月は秋晴れに恵まれ、過去最高の売電結果となりました。

業者にシュミレーションしてもらった10月の発電量は450kWhなのに、実際には625kWhもの発電量となり、ビックリしています。

損益を単純計算しますと、

  1. ー11,500円のローン支払い
  2. ー5,945円の電気料金(夜や、曇りの時は電気を買うため)
  3. +1,5415円の売電

合計はー2,030円です(2,030円の支出)

昨年の10月は12,000円の電気代だったので、

ソーラーシステムを導入前よりも
約10,000円も得しています。

11月の結果
発電量532kWh 売電額12,660円

f:id:bazzblue:20181202141704j:plain
  • シュミレーションの発電量 401kWh
  • 実際の発電量       532kWh

11月も意外と多く発電してくれました。
発電量は532kWhで、シュミレーションよりも130kWhも多い発電量でした。

エアコン暖房を使いだしたので、電気代が8,958円とかなり高くなってしまいましたが
結果的に昨年よりも支出は8,000円も下がっています。

損益を単純計算しますと、

  1. ー11500円のローン支払い
  2. ー8,958円の電気料金(夜や、曇りの時は電気を買うため)
  3. +1,2660円の売電

合計はー7,798円です(7,798円の支出)

昨年の11月は16,000円の電気代だったので、

なんと約8,000円も得しています!

 

また順次、発電・売電結果を更新していきますので

よろしかったら、のぞいてください(^^)

太陽光発電システムを安く買う方法を少し紹介

ソースシステムを安く買うコツは、複数の業者に見積もりをたのむことが必須ですが

地元で複数の業者を探すのはかなり大変。

しかし、【タイナビ】なら、無料で簡単に最大4社に一括見積をたのむことができます。

わたしも「タイナビ」にお願いしたことで、飛び込み営業の見積もりよりも、50万円以上安くなりました。

 

見積もりもシュミレーションも無料ですし、優良企業ばかりですので、気に入らなかったら断ることも簡単にできます。

➡無料【タイナビ】でかんたん一括見積もりを頼んでみる

太陽光発電に興味のある方は
👇こちらの記事もぜひご覧ください
➡【データあり】太陽光発電は実質0円で購入できるの?自宅に設置してみた感想