太陽光発電システム

【データあり】太陽光発電は実質0円で購入できるのか?長野県の自宅に設置してみた感想

  • 「太陽光発電」を実質0円で買えるのは本当?
  • なぜ、実質0円になるの?
  • 本当に電気が売れるの?

✅この記事では、こういった疑問にお答えします。

管理人まさ
管理人まさ
こんにちは、管理人まさです。

約1年前から太陽光発電を自宅屋根に設置し
電気が売れています。

さきに結論から申しますと
実質0円になるのかは、
あなたの家の環境と条件によって変わってきます。

体験談をもとにわかりやすく書きました。

本当に実質0円で太陽光発電は購入できるのか。
わが家に実際につけて検証してみた

太陽光発電を設置しても家計には痛くもかゆくもない

太陽光発電をローンで購入しましたが
電気が売れることにより

なんと、月々の支出は結果的に下がりました。

設置した結果10月は6,000円のメリット

以下は2018年10月のデータです。

2018年10月は秋晴れに恵まれ、過去最高の売電結果。

損益を単純計算しますと、

  1. ー11,500円のローン支払い
  2. ー5,945円の電気料金(夜や、曇りの時は電気を買うため)
  3. +15,415円の売電利益

合計は、ー2,030円(2,030円の支出)です。

このように、15,415円も電気が売れ
ローンも相殺され
結果的に、月々の支出は2,030円になりました。

前年10月の電気代は8,000円でしたので
ソーラーを設置していない前年よりも、
約6,000円も支出が下がりました

冬でもシュミレーション以上の発電

もちろん、冬は発電量は少ないですが
冬でもシュミレーション以上の発電量

年間の支出は
ソーラー設置前より低くなっています。

発電環境と条件が重要な理由

実質0円になるかは、あなたの家の環境と条件が良ければ可能です

なぜ、すべての家が実質0円にならないのかと言いますと

「屋根の形」「建っている場所や地域」「日照時間」など
家の環境によって変わるからです。

良い環境・条件とは

  • 晴天率が高く日照時間が長い地域
  • 家の周りに障害物がなく、日当たりが良い
  • 屋根が南や東に向いている
  • 屋根が大きい

悪い環境・条件とは

  • 年間を通して天気が悪く、晴天率が低い地域
  • ビルや木などに囲まれていて、日中太陽が当たらない家
  • 屋根が北や西に向いている
  • 屋根が複雑など、小さいなど

このように、太陽光発電に「向いている」「向いていない」という住宅があります。

 

しかし、実際にシュミレーションをしてみないと、本当の所はわからないので

まずは、無料で出来るので業者にシュミレーションしてもらうことをおススメします。

あなたの家は実質0円になるのか?

あなたの家が実質0円になるか調べるには、

信頼できる業者にシュミレーションしてもらうことが一番です。

シュミレーションをするには
「信頼できる施工販売店」にやってもらうことが重要。

わたしは「タイナビ」というサイトで
信頼できる、地元の業者を紹介してもらいました。

安く買う方法

実質0円にするには、当然安く買うことが前提です。

安く買うコツは、複数の業者に見積もりをたのむことですが、

自分で、地元の業者を探すのは大変。

しかし、【タイナビ】なら、無料で簡単に最大5社に一括見積をたのむことができます。

見積もりもシュミレーションも無料ですし、気に入らなかったら断るのも簡単なので、おすすめです。

➡【タイナビ公式サイト】無料で最大5社にかんたん一括見積もり

👇「タイナビ」を利用した感想も書いています。
少しデメリット(気になる点)もあったのも事実です。➡【感想・口コミ】タイナビを使って太陽光発電を購入。良い所・悪い所 メリットとデメリットを詳しく解説しました。

・なぜ実質0円になるの?

本来なら、自宅の屋根にソーラーシステムをつけるとなると、およそ100万円~200万円はかかります。

15年ローンですと、およそ毎月6,000円~15,000円の支払いになります。

 

なぜ、それが実質0円になるかといいますと。

 

ソーラーシステムで作った電気を、電力会社に毎月売ることが出来るので、
購入額またはローン以上の売電が出来るからです。

 

知っている方も多いと思いますが、
電気を売ることを売電といいます。

ソーラーシステムで作った電気を電力会社に売ることで、約10年ほどで購入金額くらいの利益を得られる可能性があるのです。

わが家の実際のシュミレーション

実際にわたしの家のシュミレーションデータを見てみましょう。

これは、家の位置(緯度)、家の向き、屋根の勾配などを考慮して検出したシュミレーションです。

さらに、過去の気象庁のデータも使って算出されていますので、信頼性の高いものです。
(業者にシュミレーションを頼むと、メーカーにお願いしてくれます。)

 

シュミレーションによると、月の平均は約514kwh。
売電額が28円なので、月々14,906円の売電収入になります。

あくまでシュミレーションなので、天候によって、これ以上になる可能性も、これ以下になる可能性もありますが、おおそよの判断材料にはなります。

では太陽光発電を付けた場合どうなるのか?
分かりやすくまとめてみます

(※あくまで、私の家の場合です。あなたの家のシュミレーションは、違ったものになります。)

太陽光発電(ソーラーパネル)をつけた場合

  1. 毎月のローンがー11,000円(太陽光をローンで購入のため)
  2. 毎月の電気料金がー8,000円(月平均)
  3. 毎月の売電収入が+14,900円(月平均)

①~③を計算しますと、毎月の出費4,100円

年間で49,200円の支払い
10年間にすると49万円の支払い

太陽光発電(ソーラーシステム)をつけない場合

毎月の平均電気料金で8,000円の出費

年間で96,000円の支払い
10年間にすると96万円の支払い

このように、太陽光発電システムを屋根につけても、
売電利益でローンを相殺できるので、

なんと月々の支出は下がるのです。

10年間で、50万円近い節約ができるかもしれないのです。

ローン支払い後は、売電して得た利益はすべてもらえることになります。
しかし、10年後は売電単価が下がる可能性もありますし、
そもそも売電できなくなる可能性もあるとのことですが、心配はいりません。

売電するメリットがなくなったら、

発電した電気は、すべて家で消費してしまえば良いのです。

売電のメリットがなくなったら蓄電池を導入

今、太陽光発電システムを屋根につけた場合、
10年間は売電単価は固定になります。(30年現在は26円/kwh)

 

しかし、売電単価は、10年後どうなるかわからない状態です。

 

もし、売電単価が少し下がったとしても、ローンは今までの売電利益でほぼ支払えていると思うので、ローン完済後は、すべて利益になるのですが。

売電のメリットが無くなった場合は「蓄電池」を導入すると良いでしょう。

 

「蓄電池」をつければ、夜間でも自家発電した電気を自宅で使えるようになります。

具体的には、以下の場合、蓄電池を導入するのが良いでしょう。

  1. 売電単価が10円以下なったり、売電という制度自体が無くなってしまった場合
  2. 買う電気料金が高くなった場合
  3. 買う電気単価が、売電単価よりも高くなった場合

10年後には蓄電池も、安くて良いもが開発されているはずです!

メリットまとめ

  • 停電しても電気が使える
  • 昼間は自家発電で電気代がかからない
  • 使わなかった電気は売れる
  • 将来電気代が上がっても、自家発電でまかなえる。