太陽光発電システム

太陽光発電、高く売ろうとする業者が多いので注意【悪徳業者の特徴も解説】

✅この記事で解説している内容

  • 太陽光発電の購入で注意するべきこと
  • 飛び込み営業は危険
  • 悪徳業者を見分ける方法
  • 安全に安く買う方法

太陽光発電を購入する場合
まず「施工・販売業者」と
契約しなくてはいけません。

販売業者の中には
かなり高額で売りつけようとする
悪徳業者がいます。

管理人まさ
管理人まさ
悪徳業者は、
かなり話がうまいです。

私も危うく騙されそうに
なりました。

その体験談をもとに
悪徳業者に騙されずに
安全に安く買う方法を
まとめました。

【悪徳業者の特徴を詳しく解説】
太陽光発電、だまされて高額で買わないようにするには

まず、
「騙されない方法」「危険な営業の特徴」
を分かりやすくリストにまとめました。

ダマされない方法
  • 飛び込み営業からは絶対に買わない
  • 必ず3社以上の相見積もりをする
  • シュミレーションをしてもらう
  • 相場価格を知ること
危険な営業の特徴

※こんな営業トークは危険です!!

  • モニター価格・期間限定と言ってくる。
  • 頼んでもいないのに見積書を出してくる。
  • 自宅の図面や材質も調べずに見積書を出してくる。
  • 急に100万円の値引きを誇張してくる。
  • その場で契約を求めてくる。(数日すら待ってくれない)
  • 数時間居座り続ける。
  • 単価32万円以上は疑うこと。(単価の高い高級パネルもあります)
管理人まさ
管理人まさ
上のような営業でしたら、ほぼ疑って良いでしょう。

そして、絶対に高く買いたくないなら、一括見積サイトの利用が確実です。

わたしも、一括見積サイトを利用して
飛び込み営業よりも60万円安く買うことが出来ました。

一括見積サイトなら相場価格で買える

一括見積サイトのメリットは下記のとおり

  • 専門のアドバイザーに無料相談
  • 無料で簡単に、地元の優良業者を複数紹介
  • 一括見積をすることで自動的に価格競争

確実にお得に買いたいなら
「相場価格」を知ることが、とても重要ですが

国内メーカーと海外メーカーでは
50万円以上の差が出ることもあり

相場価格を把握するのは難しいです。

専門アドバイザーに
無料相談できるのが最大のメリット

「見積もりサイト」には

専門アドバイザーがいますので
見積価格が
高いのか?安いのか?
ということも
無料相談することが出来ます。

有名なサイトでは、
タイナビ」「ソーラーパートナーズ」です。

利用はすべて無料で、
かんたんに一括見積できます。

 

管理人まさ
管理人まさ
私は実際に「タイナビ」を利用しましたが、しつこい勧誘や電話はなく、

契約したくない業者は、メールで簡単に断ることが出来ました。

タイナビを使った感想は
👇こちらに書きました。
➡タイナビを使って太陽光発電を購入。良い所・悪い所【感想・口コミ】 メリットとデメリットを詳しく解説

クレームや苦情の多い業者は退去させられる仕組みなので、
優良企業が多いので安心。

しかし、まれに高く売ろうとする業者もいますので、注意は必要です。

それでは、「危険な営業の特徴」をもう少し詳しく書いていきます。

太陽光発電(ソーラーパネル)
危険な営業・悪徳業者の特徴を解説

・モニター価格・期間限定と言ってくるのは危険

飛び込み営業や訪問営業で、ありがちなのが「モニター価格」と言ってくることです。

これは、ほぼ疑って良いかと思います。

例えば、こんな感じに営業してきます。

 「この地域の発電量データを集めるために、設置を進めています。
なので、今ならモニター価格でご購入いただけます。」

※信じてはいけません!!

上のように特別価格を装ってくるのは、
まともそうに見える営業マンでも要注意。

特に飛び込み営業は危険です。

・頼んでもいないのに、見積書を出してくる。

まず、太陽光発電は、完全オーダーメイドです。

しっかりした見積書をもらうには、1日~2日はかかる事を知っておいてください。

なので、1~2回の訪問で、
しっかりと図面も調べずに見積書や価格を出してくる業者は危険です。

まともな販売業者なら
見積もりをお願いすると、あなたの自宅の図面の提出を求めます。

そして、自宅の図面を提出しましたら

数日後に「提案書」といって
「シュミレーション結果」「パネル配置図面」「見積明細書」などをくれます。

・自宅の図面や材質も調べずに見積書を出してくる

上でも書きましたが、悪徳業者の場合は

自宅の図面や材質をしっかり聞きもせずに
1~2回目の訪問で
いきなり見積書を出してきます。

本当は、この時点で悪徳業者と気づかなくてはいけません。

・急に100万円の値引きを誇張してくる

まず、まともな販売業者では

定価よりも200万~300万円以上の値引き調整は普通

と言うことを知っておいてください。

これが、悪徳業者のやり方ですと

まず、300万円くらいの高額見積もりを見せてくる。

「高いなぁ」などと言っていると。

急に、新しい見積書を出して
「今なら、モニター価格で100万円値引きします。」

いかにも今だけの特別価格と言わんばかりに、値引き後の見積書を出してきます。

普通に考えてみると、値引き前の見積書と、値引きした見積書の2つを用意している時点でおかしいのです。

まともな販売会社は100万円の値引きなんて誇張してきません。

なぜなら、定価からの200万円~300万円の調整値引きは、普通ですし当たり前だからです。

・その場で契約を求めてくる。(数日すら待ってくれない)

相見積もりをさせないために、その場で契約を求めてきます。

悪徳業者は、相見積もりをされると困るのです。

なぜなら、まともな業者よりも、高額な見積もりを出しているので
相見積もりをされると、高額な見積もりだとバレてしまうからです。

・数時間居座り続ける

悪徳業者は相見積もりをされたら困るので、
その場の契約を求めてきます。

なので、必死になって、私たちを説得してきますので、
数時間、居座り続けることもあります。

なかなか帰らない場合
「高額な買い物なので、いま決められることではない!」
とはっきり言いましょう。

「今、決めなければモニター価格にならない」
という脅しは無視することです。

そもそも、「今すぐ契約するかしないか決めてください」

という営業マンは、明らかにおかしいので、
「太陽光発電は買いません」とはっきり追い返すのが無難でしょう。

・単価32万円/(kW)以上は疑うこと。

2019年の平均単価は32万円です。

例えば、普通の住宅でしたら、
5.0kWのパネルが乗るとします。
5×32=160万円です。

これは、機材費、工事費、その他経費
など、すべてコミコミの値段です。

もし見積もりが160万円くらいなら
大丈夫でしょう。

ただし、国内メーカーの場合は
このくらいです。

海外メーカーはもっと安いです。

海外メーカーなら単価20万円台

海外メーカーは、
国内メーカーより安いので、
単価30万円でも高いので要注意です。

参考までに
私がタイナビで一括見積したときの価格は

カナディアンソーラー 単価21万円/㎾
パナソニック(HIT) 単価30万円/㎾
(2018年の価格)

パナソニックのHITは高性能パネルなので高いですが
このように、タイナビなどを利用すると
比較的安い単価で出してくれる業者が多いです。

「タイナビ」や「ソーラーパートナーズ」を使うべき理由のまとめ

  • 簡単に2~3社以上の販売業者に、一括見積が出来る。
  • 簡単に安い業者を見つけられる。
  • 専門のアドバイザーに相談が出来る
  • 厳選された優良企業のみ
  • 完全無料
  • 利用者満足度98%

あなた自身で、まともな販売業者を見つけるのは、とても難しいです。

地元で3つ以上の販売業者に見積もりを頼むのなんて、かなり時間がかかってしまいます。

しかし、今は簡単に3社以上の優良企業に一括見積できます。

利用は無料ですし、悪徳業者やクレームの多い企業はサイトに登録できない仕組みなので、優良企業ばかりで安心のサイトです。

なので、しつこい勧誘は少なく、
気に入らなければ、断ることも簡単です

利用は無料なので、試しにやってみるのも良いのではないでしょうか。