【口コミ・レビュー】

三菱電機のエアコン 霧ヶ峰 Zシリーズ 口コミ MSZ-ZXV6317s 2017年度モデル

三菱のエアコン 霧ヶ峰「Zシリーズ」を実際に購入し、使ってみての感想(レビュー・口コミ)

霧ヶ峰「Zシリーズ」2017年度モデルの特徴
ムーブアイをはじめ多彩な機能、三菱エアコンのハイスペックモデル

●赤外線センサーの「ムーブアイmirA.I(みらい)」は、部屋の状況、外気温・太陽の光、一人ひとりの体感温度を見分け、快適な運転を。
さらには、少し未来の温度変化を予想して、先に動く高機能。

暖房
●違う風を同時に2つ作りだすので、暑い人も寒い人も快適な空間。
「風あて」「風よけ」「風あて・風よけ」で快適な温度に出来ます。

●氷点下0度でも暖かい、180度のワイド気流、15メートルまで届くロング気流で、部屋中快適。

冷房
●冷房と送風二つの運転を自動で切り替え、省エネで快適(三菱の特許技術)
センサーによって、一人ひとりの体感温度を見極めて、冷房と送風を自動で切り替えます。

〖クリーン機能〗
●「フィルターおそうじメカ」は、自動でフィルターのホコリを集めダストボックスへ。

●エアコン内部の汚れやすい部分には特殊コーティングを採用し、ほこりも油も付きにくい(三菱の特許技術)

●「カビクリーンシャワー」と「カビガード」機能により、カビなどの汚れを除去し予防します

〖おそうじ〗
●三菱だけの特許技術により、おそうじメカを取り外すことができ、内部洗浄もラクラク。
全面パネルや、左右のフラップも取り外せて、エアコンの奥までキレイに掃除が可能

 

(6畳~29畳用までの12サイズがあります)

➘メーカー製品情報
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/setsubi/17/z/

MSZ-ZXV6317sを購入した、boyさんの口コミです。

良い点

一台で快適温度

これ1台で部屋全体をひんやりさせられる所です。我が家はリビングと和室と合わせて24畳程ありますが、これ1台だけで充分部屋の中が涼しくなります。

センサーにより、風あて、風よけをしてくれる

あてよけ機能により、家族一人ひとりの体感温度に応じて、自動で風あてと風よけをしてくれる所が良いです。

おかげでエアコンのつけっぱなしによる風邪を引かなくなりました。

節電モード

ハイブリッド節電モードががあり、気流制御の機能を利用して節電してくれるので電気代の心配が要りません。

ピュアミスト

ピュアミストの機能で電気を帯びた水の微粒子が発生し、それが美肌効果になるようです。

快眠モードが便利

快眠モードを使うと、エアコンが自動で丁度いい具合に、冷やし過ぎや暖め過ぎを防いでくれるので安心して眠りにつくことが出来ます。

改善してほしい点

タッチパネル少し使いずらい

リモコンのデザインがタッチパネル式なので、慣れるまで使いづらい所です。

スマホの様にタッチパネルで操作するのですが、高齢の方には使用しづらいのではないかと思います。

エアコン本体が大きい

エアコン本体の大きさが大きすぎる所が少し気になります。

広い部屋用なので仕方ないのかもしれませんが、もう少しスマートなデザインだと部屋のインテリアとしても喜ばれるようになるのではないかと思います。

このエアコンを選んだ理由

知り合いの電気屋さんのおすすめだったため、このエアコンに決めました。
霧ヶ峰は昔からあるブランドで壊れにくいというのも決め手でした。

しろくまくんとどちらにしようか迷いましたが、機能性を重視して霧ヶ峰の方に決めました。

新しいエアコンを買うかたへアドバイス

エアコンは長く使用する物なので、なるべく壊れにくくて、機能性が充実した物を選ぶ事をおすすめします。

最近ではデザイン重視の物も増えてきていますが、直ぐに壊れてしまったりあまり部屋中が冷えたり暖まったりしなくては意味がありませんので、慎重にお選びください。

管理人のまとめ

管理人まさ
管理人まさ
三菱の霧ヶ峰「Zシリーズ」は2016年度モデルですが、私も使っているエアコンです。
冷房も良く効きますし、運転音も静かで、私はとても満足しています。

しかし、2016年度モデルにない、2017年度モデルの特徴もあるので、少し書き出してみようと思います。

●未来を先読みする「ムーブアイmirA.I(みらい)」
2016年度モデルは、ムーブアイmirA.Iではないので、冷房は少し寒くなりすぎることもありますが、こに機能によって、冷やしすぎの防止にもなるのではないでしょうか。

●おそうじメカをエアコン本体からはずせる
この機能は、わたしが最も欲しいもので、2016年度モデルは外せないので悔しいです(笑)

おそうじメカをはずせることによって、熱交換器をラクラク掃除することが出来るのです。
熱交換器の汚れは、臭いのもととなりやすいので、手軽に掃除できるのはとても良いことだと思います。

業者によるエアコン洗浄が安くなる可能性がある。
おそうじロボット付きのエアコンの洗浄は、価格が高くなる傾向があります。
しかし、このZシリーズ(2017年度モデル)は取り外せるので、交渉しだいでは、安くなるのではないでしょうか。