【口コミ・レビュー】

ダイキンのエアコン「Eシリーズ」2018年度モデル 口コミ AN56VEP

ダイキンのエアコン「Eシリーズ」を実際に購入し、使ってみての感想(レビュー・口コミ)AN56VEP

(カエレバ)


「Eシリーズ」2018年度モデルの特徴

余計な機能は省いた、シンプルでコンパクトなベーシックモデル

・ストリーマ機能搭載で、エアコン内部のカビを抑えキレイ。

・ヒートブースト制御で、寒い朝でもすぐに設定温度まで温めてくれます。

・室外機、室内機がコンパクトサイズになっています。

・「風ないス運転」は、夏の冷房は天井に風を送り冷えすぎを抑え、夏の暖房は足元に向けて暖かい風を送ってくれます。

・ベーシックモデルながら0.5度単位の温度設定を実現

・室外機がとってもタフ、冬は-15度まで、夏は45度まで対応

➘メーカー製品情報
http://www.daikinaircon.com/roomaircon/products/e_series/
おススメのお部屋👉寝室・子供部屋など

AN56VEPを購入したダイズさんの口コミです

良い点

頻繁にリモコン操作しなくても快適

以前のエアコンは、寒くなったら消したり、
暑くなったら付けるの繰り返しでしたが

ダイキン「Eシリーズ」は、温度さえ設定すれば
つけっぱなしでも気流と温度をきちんと管理してくれます。

ストリーマで、イヤな臭いもない

ストリーマという機能があり、部屋の空気を綺麗にしてくれます。

エアコンの作動時の変な匂いも今はしません。

冷房が快適

冷房は上向きに気流が流れているようで
風が身体に直接当たらないようになっています。

冷えすぎて、足がつってしまう事もなくなりました。

ドライ機能は全てのエアコンにあると思いますが、
以前の古いエアコンは、正直活躍していませんでした。

しかし、ダイキン「Eシリーズ」は、ジメジメも、しっかりと除去しているようで
とても快適です。

省エネ

電気代がかなり抑えらています。

改善してほしい点

価格が高い

ダイキンは、性能も良く、アフターサービスも良いのですが、
他のエーカーよりも価格が高く感じます。

もう少し値段が安ければ良いのになぁ。とは思いました。

カラーが少ない

最近は、エアコンの色もカラーバリエーションが増えているのかと思いまいたが、
そうではなく、やはり白が主流なようです。

できれば、白色以外を希望していましたが、結局、今回も白色になりました。

このエアコンを選んだ理由

購入した理由は、ダイキンのストリーマ機能が、色々な物資を除去する機能が、他社よりも優れていると思ったからです。

うちは、猫が三匹います。動物の毛やフケなどが気になっていました。

今は、空気を綺麗にしてくれるエアコンや、自動掃除と機能も増えてますので、助かりますよね。

新しいエアコンを買うかたへアドバイス

今のエアコンは色々な機能が多いです。

自分の家に、
どんな機能が一番ほしいのか、
値段の妥協点はどこか?

という二点で、検討してみたら良いと思います。

 

あとは、アフターフォローがしっかりしているのかも重要だと思います。

ダイキンは、アフターサービスが素晴らしいのでおススメです。

 

※口コミは投稿者個人の意見ですのでご了承下さい。

管理人のまとめ

比較

似たエアコンで、Eシリーズ「S56VTEP」という型番がありますが、
そちらは、業者向けで、ストリーマ機能が削られて安くなっています。

いっぽうこの口コミ記事の「AN56VEP」は家電量販店向けですので、ストリーマ機能が多く搭載され、価格も数万円~約5万円ほど高くなっています。

どちらもエアコン、室外機の大きさも同じですし、パワーなども同じです。

違いは「S56VTEP」はストリーマ機能がなく脱臭や空気清浄などの機能がついていないことです。

管理人まさ
管理人まさ
「Eシリーズ」はダイキンのベーシックモデルなのですが
他のメーカーに比べ、良いところがいくつかあります。

良い点

凄い所の1つは、0.5度単位で温度設定を出来るところ!

他のメーカーの低価格モデルエアコンは、ほとんどが1度単位なのです。

0.5度単位で設定できることは、かなり大きいポイントです。
特に冷房だと、1度下げるだけで、寒くなってしまうこともありますので

寒冷地でも使える

2つめは、寒冷地エアコンではありませんが、
ある程度の寒冷地でも耐えられるようになっています。

外気温ー15度まで耐えられる室外機で、
凍結や霜付きも抑える機能があります。

また、真夏の暑い日でも、45度までもの高温にも対応できる、
タフな室外機です。

ベーシックモデルにしては高機能

他にも、

  • 冬は足元を温め、夏は天井に風を向け寒さを抑えるという「風ないス運転」
  • タイマーを入・切を2つ同時に設定できる
  • 自動で熱交換器を運転時に発生した水で洗い流す
  • おやすみ運転モードなど、本当に多くの機能があります。

ベーシックモデルのエアコンとしては、
かなり高機能で頑丈なエアコンだと思います。

気になる点

ベーシックモデルにしては、かなり価格が高いです。
他のメーカーならもう少し安く買えますが、
「AN56VEP」は少し割高。

「AN56VEP」は家電量販店向けの商品のようで、ストリーマ機能が付いていて、ベーシックモデルながら価格が高くなっているようです。

ストリーマ機能はいらないから、もっと安く買いたいという方は、
「S56VTEP」が良いかと思います。
こちらなら、同じ「Eシリーズ」ながら(ストリーマ機能なし)数万円安く買えます。

➡ダイキン工業 エアコン「Eシリーズ」口コミ S22VTES 2018年度モデル